埼玉県

埼玉県
宮内 清登

ファシリテーターになったきっかけ 2019年1月にファッション誌の「FRAU」が一冊丸ごとSDGs特集をしており、そこでSDGsを初めて知ることになり、そのタイミングで長男夫婦に初孫が生まれ、この子の100年後の未来はど […]

続きを読む
青森県
川本 優子

ファシリテーターになったきっかけ これまで人事コンサルティングをしてきた中で、「仕方なく」「必要に迫られて」SDGsに取り組む企業を多く見てきました。ほとんどの従業員はよく内容を知らずに「やらされている」という印象でした […]

続きを読む
北海道
木下 芳隆

ファシリテーターになったきっかけ 昨年からクライアント様のご要望で、SDGsに関するセミナーやSDGs未来都市に選定されている地方都市への訪問視察の企画を手がけるようになり、私自身もサステナブルな活動に非常に興味を持って […]

続きを読む
埼玉県
椎名 雄

ファシリテーターになったきっかけ 世界の出来事に視野を広げ肌で感じるには、子ども達の経験ではなかなか難しい。でも、わかりやすく、シンプルの中にも奥深いSDGsボードゲームを体験して、これだ!と、パッションを感じました。 […]

続きを読む
茨城県
嶋田 亮

ファシリテーターになったきっかけ 私は「みんなが笑顔で暮らせる社会の実現」の為に仕事をしています。2016年に「誰一人取り残さない世界の実現」をVisionに掲げたSDGsに共感してから、多くの方がSDGsを自分ごとにし […]

続きを読む
茨城県
川井 健史

ファシリテーターになったきっかけ 日々、皆が頑張って経済活動をしているにも関わらず、持続可能ではない社会に近づいていることがとても悲しいと思ったことがきっかけです。独り身の時には「未来」があまり明確に意識できなかったとい […]

続きを読む
茨城県
寺島 義智

ファシリテーターになったきっかけ 3.11を経験したり、息子が産まれたのがきっかけで、子どもたちに持続可能な世界を残したいと想いSDGsを広げていきたいと思いました。 これまでの活動 SDGsが国連サミットで採択された2 […]

続きを読む
茨城県
野末 岳宏

ファシリテーターになったきっかけ 6年間ファシリテーターを任されている、日経BP主催のPBL(Project Baced Leaning=企業が抱える課題の解決策を、学生に企画・提案してもらう課題解決型学習)において、S […]

続きを読む