ラインナップ

lineup

神奈川県版ボードゲーム

コンセプト

「神奈川県版 ふるさとSDGsボードゲーム」を体験することは、未来ある子どもたちが、地元社会の成り立ち・文化・取り組みを理解して、地元への愛着をもち、心豊かな環境づくりに貢献をしようとする手助けにもなります。

そして、子ども・大人・障がいの有無等に関係なくSDGsを地元の企業や団体の身近な事例に結びつけて学ぶことで、「関係ない・出来ない」と思っていたSDGsの取り組みが「身近なこと・自分ごと」としていくきっかけとなります。

私たちは、神奈川から世界を変える “Transforming our world from Kanagawa”と本気で思っています。

「SDGs先進エリア」である神奈川県を起点として、第一弾のふるさとSDGsボードゲームを作り、その後、各都道府県版を制作し、日本全国へ同様の取り組みを広げていく予定です。

なぜ神奈川県なのか?については、こちらで詳しく説明しています

各々の地域のSDGsの取り組みを学びながら、歴史・文化も学び合える交流の場が生まれるようなきっかけ作りを引き続きしていきます。


神奈川県版ボードゲームの仕様

神奈川県に還元していきたいという思いから、カードのイラストレーターは神奈川県出身の方を起用、また、カードとマップは神奈川県の企業に制作を依頼しました。

また、ボードのマップは神奈川県について詳しく知ってもらえるよう、各全市町村+主要駅をマップに掲載しています。


神奈川県版ボードゲームのカードの一例